頭痛の原因って知ってる?

頭痛は、頭部に感じる痛みのうち、表面痛でなく、様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状があります。原因はさまざまといわれるが、基本的には血液中のある物質による炎症反応ともいわれます。睡眠不足、ストレス、圧迫、食事習慣などの原因で頭痛も出ます。日常生活に支障ある頭痛を、世界中で最低40%の人が経験します。

睡眠不足:頭痛の原因としてよく出ます。夜に徹夜すれば(あるいは眠れない)、翌日頭が痛くてたまらないという体験があります。実は、これが病気ではなく、睡眠を改善して頭痛が消えていきます。

ストレス:ストレス中は血管が緊張しているためか、頭痛が起りませんが、ストレスから開放されたときに血管も緩み、頭痛が起こります。

圧迫: 損傷または腫れた物の圧迫などの要素は頭痛が出ます。具体的に、脳膜が刺激されて、血管の拡張、筋肉の収縮などです。

食事習慣:多くの人はコーヒーを飲む習慣があります。コーヒーの過剰で、血管が拡張して、神経を刺激します。もちろんコーヒーなだけでなく、アイスクリーム、アルコールの飲み物が頭痛の発作を引き起こします。

身体が温まりすぎると血管が拡張するため、頭痛が起こりやすくなります。頭痛が起こりそうだと感じたら、熱いお風呂やサウナは避けて、シャワーを浴びる程度ですませるようにしましょう。

頭痛の予防にはまず、自分にとって誘因となる事柄をできるだけ避けることです。アルコールは血管の拡張作用があるため、頭痛の原因になります。お酒を飲みすぎるなら、嘔吐することを引き起こさないように胃腸が減圧しましょう。

胃酸過多によって、少しの炭酸水素ナトリウムとレモンの水を飲んでいいです。できるだけ痛み止め剤を服用してもかまいません。

緊張する状況で、少量の痛みを止める剤を使ったほうがいいです。症状が軽い場合は鎮痛作用のあるアセトアミノフェンや非ステロイド抗炎症薬が用いられますが、治療薬の中心はトリプタンの飲み薬です。