偏頭痛の予防と自然治療について

偏頭痛は筋肉の緊張による頭痛のひとつです。特に忙しい方は手早く頭痛薬を飲んでしまうかもしれませんが、

クセになると頭痛も悪化してしまいます。

痛みが大きくなる前に、頭痛薬を飲む前に是非試して頂きたい頭痛の予防と自然療法をご紹介しましょう。

1.パソコンやスマホの長時間使用を控える

明るく刺激のあるスクリーンを見つめていると目に緊張を与え、頭痛を引き起こしやすくなります。

1時間PCを使ったら10分休むなど合間に休みを取りましょう。またまぶしい太陽光線も頭痛を引き起こす事があるので、

特に長い外出時にはサングラスを使用される事を心がけましょう。

2.マグネシウムの摂取

マグネシウムには神経を落ち着かせ、筋肉の緊張をほぐす作用があるので、日頃から緑色の野菜、ナッツ類などを食べて

マグネシウム不足にならないように注意してください。

3.頭痛を引き起こしやすい物の摂取を控える。

MSG、人口着色料、人口保存料、人工甘味料などの添加物やビール、チョコレートなどを控えましょう。

また、治療について、以下の方法をご覧になってください。

1.水を飲む:水分が不足すると血液や酸素が脳に行きわたらなくなるので、よく水分補給してください。

2.お風呂に入る:頭痛に効果のあるローズやラベンダーなどをバスタブに入れ、リラックスします。こめかみや首筋もマッサージしてください。

3.体を動かす:散歩やジョギングをしたり、ヨガなどをしたことで体も心もほぐれ、緊張やストレスから解放されます。

4.昼寝:静かな薄暗い部屋で横になり、痛みの事は忘れるようにゆっくりと呼吸に意識を集中させ、ちゃんと休みください。

5.何か食べる:空腹時に頭痛が起こる事もあるので、何かお菓子をゆっくりと食べてみましょう。

6.バターバー:毛細血管の痙攣を抑え血圧を安定させる作用があるハーブで、頭痛、特に偏頭痛に効果的です。